レンボンガン島イチのお洒落ホテル!バトゥ・カラン (Batu Karang)

レンボンガン島おすすめホテル
The following two tabs change content below.

りょあ

99%の人にインドネシア人に見間違われる生粋の日本人。日本人観光客から「日本語お上手ですね」と褒められると、さすがに凹みます。。。 太陽が照りつける南国の海と、ネオン輝く夜の街が好きで、昼夜問わず神出鬼没に生息中。

◎何十年も前のバリ島のよう
◎たっぷりの自然が魅力
◎素朴さが素敵な小さな島


レンボンガン島はよくこんな風に表現されます。
このイメージからいくと、「レンボンガンには素敵なホテルなんて無いんでしょ?」と思ってしまいがちですが、いやいや、あなどるなかれ、レンボンガン島にだってオシャレで素敵な場所があるんですよ~!

バトゥ・カラン

「バトゥ(Batu)=石」、「カラン(karang)=珊瑚」、という意味を持つこのホテル。まずは場所の説明から。



ボート乗り場から徒歩5分、海沿いの斜面に建っています。ボートを降りたら、ビーチの右手にある階段を登って、遊歩道のような小道をちょっと歩いたらすぐ!ロケーションも抜群ですねっ!

ルームタイプ

お部屋は、大きく分けてルームタイプとヴィラタイプの2種類があります。

◎ルームタイプ

1つの建物の中に何部屋もお部屋が入っている、とか書くと逆にややこしいですね(笑)いわゆる一般的なホテルの造りです。「ツイン」「ダブル」「スイート」の3つのカテゴリーがあります。

◎ヴィラタイプ

独立した建物、その1棟ずつがお部屋になっているタイプ。「1ベッドルームヴィラ」「スーペリア1ベッドルームヴィラ」「3ベッドルームヴィラ」「ウエディングヴィラ」の4つのカテゴリーがあり、お部屋によってはプライベートプールが付いています。

バトゥ・カランは、お部屋の内装や家具や小物などがと~ってもオシャレ♪シンプルなモダンアジアンテイストなんですが、1つ1つのセンスと全体的なまとまりが抜群!バリ島のスミニャックやクロボカンにあるおしゃれヴィラにひけをとりません!バトゥ・カランの敷地内にいると、レンボンガン島にいることを忘れてしまうっくらい!

天蓋付きのベッドとアウトドアバス

batukarang_room
天蓋付きベッドってなんなんでしょ~ねぇ~?なんでかテンション上がりますよねっ!!これがあるかないかだけでこんなにも違うものかと~!

batukarang_bath

バトゥ・カランのもう1つの特徴はアウトドアバス。こじんまりとした日本のバスルームに慣れてしまっている日本人としては、アウトドアバスってな~んか落ち着かないんですよね。心もとないというかなんとゆーか。

そんな場合は、まずは水着を着てお風呂に入ってみてください。「こんなちょっとの面積の布っきれがこんなにも心強さを与えてくれるものなのかっ!!」と、水着の底力におののいてしまうくらい、落ち着き感が違いますよ~。アウトドアバスの開放感を安心して感じられますよ~。

プールが充実

ヴィラタイプにはプライベートプールが付いていると書きましたが、共有プールだって充実!なんとプールが3つ!
batukarang_pool1
1つは、入口側にあるこちらのプール。プール脇はレストラン。このレストランもなかなか◎ レストランについてはまた別の機会に詳しく。
batukarang_pool2
もう1つのプールは、こちら。プールバーがついているので、ビール片手にクールダウンはいかが?

もう1つのプールは上の写真の壁の上。ビーチパラソルが見えますよね。そこがプールです。

ザ・デック

以前にこのブログでも紹介したザ・デック(The Deck)というとってもオシャレなカフェがあるのも実はバトゥ・カランなんですよっ!


詳細情報

スポット名: Batu Karang Lembongan Resort & Day Spa
TEL: +62 366 559 6376 / +62 828 970 01771
アクセス: Ojiボート乗り場のジュンクバットゥより徒歩5分
料金: ツインルーム Rp.2,370,000~
1ベッドヴィラ Rp.3,000,000~

The following two tabs change content below.

りょあ

99%の人にインドネシア人に見間違われる生粋の日本人。日本人観光客から「日本語お上手ですね」と褒められると、さすがに凹みます。。。 太陽が照りつける南国の海と、ネオン輝く夜の街が好きで、昼夜問わず神出鬼没に生息中。

コメントを残す