【レンボンガン島ジェラート情報】Casa Gelato Canteen

IMG_3336
The following two tabs change content below.

マキノさん

自給自足で暮らしたい!気ままな田舎娘でございます。モットーは”やればできる!”バリ島・レンボンガン島の自然や文化に興味があり、毎日ローカルにもまれながら刺激を受けています!

はい、こんにちはマキノさんです!!


皆さん突然ですが、、、常夏の島に欠かせない物は何ですか?


IMG_2791


、、、、、そう。ジェラートですよね?←

一通りアクティビティに参加したのちの昼食後、レンボンガン島からバリ島へ帰るスピードボートを待つ間、ついつい食べたくなっちゃいますよね。少なからず私は食べたくなります。

自由時間内での行動範囲も限られてきますし、歩いて行ける範囲にジェラート屋さんがあれば行っちゃいますよね。少なからず私は行っちゃいます。

え、いつの間にこの店出来たの!?ってタイミングで見つけたんですが、ふらっと立ち寄る感じには調度いいと思うのでご紹介致します!

Casa Gelato Canteen

IMG_3335
IMG_3334”カサ ジェラート カンティーン”なのか”キャサ ジェラート キャンティーン”なのかは分かりませんが、なんとも外壁の絵がポップでカラフル完全に好みです。これはついつい立ち止まっちゃいます。

今で言うインスタ映えを狙ってなのか、バリ島ももちろんレンボンガン島にあるお店の外壁アートって本当に芸術的、独創的なものが多い気がします。今度、外壁アート集とかブログにあげてみようかな?←誰が興味あんねん

お店情報

またちょうどいい位置にあるんですよねー。

ツアー後の自由時間ってだいたい3~40分ぐらいかと思いますが、レストランからビーチ沿いをぷらぷらして、ちょっとしたお土産屋さんを見て、程よい頃合の位置にあるんですよ。

メニュー

IMG_3338ドリンク数種類とジェラートのみというシンプルなメニュー。値段もシンプルでメニューの右下に小さくNO TAXと書かれています。
離島に来てまでTAXについてぐちぐち言う人は居ないかと思いますが、私は不意に掛かるTAXに”おいー!!”ってなる方なのでこういうお店好きです。←

あ、ちなみに既存メニューの上にシールで手書きメニューが足されてるぐらいなので、もしかしたら行くたびにフレーバーが変わってるかもしれません。悪しからず。

おすすめフレーバー

小さいお店だけど10種類ぐらいフレーバーがあるのでやっぱり悩みます、、、そんな時はお得意の”Coba/チョバ”してみましょう。(日本語で”試す”という意味)お店のお姉さんに言うと試食させてもらえます!!

私が行った時は6種類ショーケースに並べられていました。メニューに載っててショーケースに出てないフレーバーはショーケースすぐ横の冷凍庫から在庫があれば出してくれるので、一度聞いてみて下さいね!!
そんな散々試食させてもらった(もはや試食で満足)私がおすすめするフレーバーは、、、


レモンソルベとダークチョコレート!!
IMG_3339レモンソルベはもう言うまでもない常夏の島にサッパリあっさり頂けるお味。個人的に甘~いアイスクリームよりこっち系が好み。
IMG_3340[1]で、おすすめもおすすめなのがこのダークチョコレート!!これがね、なんとも甘すぎず大人な甘さ。

なんせ82%!!!きっとダークさを言ってるんでしょうが絶妙過ぎません?82ですよ?!80でもいい、85でもいいのにあえての82。これは入念に調合されて出来上がった故の82%に違いない。そう思って食べるとより美味しく感じます。決してイジッてる訳ではございません。

まとめ

IMG_2911私自身、普段あんまりアイスorジェラートって食べないんですけど、レンボンガン島に来るとつい食べたくなっちゃうんですよね。シュノーケル後とか特に!!レンボンガン島マジックなんかな(笑)

いやぁ~、一日が充実してるからこその〆に欲しくなるんでしょうね。特に充実したツアーに参加するとこの気持ちを分かって頂けるはずです!!

この記事を見て私も!俺も!絶景を眺めながらジェラート食べたい!!レンボンガン島に行きたいっ!!ってなったんじゃないですか?そんな時はOjiボートにお任せあれ☆☆バリ島からたったの3~40分で行けちゃいますからね!

ではまた~。

The following two tabs change content below.

マキノさん

自給自足で暮らしたい!気ままな田舎娘でございます。モットーは”やればできる!”バリ島・レンボンガン島の自然や文化に興味があり、毎日ローカルにもまれながら刺激を受けています!
【2019年:夏休み限定】ゆっくり出発のレンボンガン島ツアー・特別スケジュールのご案内

コメントを残す