チュニガン島の名前のわからないビーチに行ってみた~

2405
The following two tabs change content below.

りょあ

99%の人にインドネシア人に見間違われる生粋の日本人。日本人観光客から「日本語お上手ですね」と褒められると、さすがに凹みます。。。 太陽が照りつける南国の海と、ネオン輝く夜の街が好きで、昼夜問わず神出鬼没に生息中。

気になるビーチを発見!

前回の記事で紹介した「Mahana Point Warung & Bar」にいた時、対岸に気になるビーチを発見!
beach1

マハナ・ポイントまで炎天下の中をバイクで走ってきたので、とにかく暑いっ!ここらでひと汗流したい!ビーチに降りる階段のようなものも見えるし、人も見える!もうこれ行くしかないでしょ~!

早速出発~!

マハナ・ポイントを後にし、さっき見えたビーチの方へバイクでGO!マハナ・ポイントから観たところ、ビーチへ降りる階段は3つ。1つはレストランらしき所から、もう1つはホテルらしき所、残りもう1つは不明。

ホテルの階段は多分そこの宿泊客専用のものだから無理っぽい。レストランの階段は、そこで飲食すれば使わせてもらえるんだろうけど、もうご飯も食べたし、飲み物も飲んだばっかだし。ということで、残りのもう1つの階段を探してみることに。

今だけ限定の階段?

いつもながらの「適当な勘」を頼りに、ここじゃないかと思われる小道を曲がってしばらく行くと、海だぁーー!!とりあえずバイクを停めてここからは歩いてみます。

beach5

ちょっと行くと、大工さんらしきオっちゃん&アンちゃんらに遭遇~。こっちが何も言ってないのにおっちゃんは「海ならこっちだよ」と教えてくれました。私みたいな観光客が多くて慣れっこなのかな?(笑)

でもですね、おっちゃんが教えてくれた道は明らかに建設途中の何かの敷地内。ってことはですね、正確には私有地なわけでホントは通っちゃダメなんじゃないかい?やばっ、不法侵入!?いやいや、不法じゃないじゃない。だってここを建設中のおっちゃん達が通してくれたんだもーーん。許可アリ!OK~!

でも、このホテルだかレストランが完成したら、この道はもう自由には通れなくなることは間違いなしですね。

beach2

とかなんとか考えながら歩いていると、階段が見えてキターーーー!

到着~!

地図で見ると場所はココ。



さっきまでいたMahana Point Warung & Barが今度はあっちに~。

beach3

さっき向こう側から見てた時は、上から見下ろしていたからなのか、もっと遠くに感じてたんですけど、こっち側から見るとマハナ・ポイントが意外と近い!!

静かなビーチ


沖はサーフポイントとなっていて波も大きいのですが、手前は小波でいい感じ。海底は石がゴロゴロしてますが、海藻がついていてゴツゴツした感じではないので、裸足でもそんなには痛くないです。あっ・・・、でも・・、ずっとバリに住んでて年がら年中ビーサンor裸足で生活してる私は足の裏が硬くなってるかも~(笑)自分の皮膚感覚が日本人からズレてきてるかも?と突然不安になってしまいました(汗)もしかしたら、日本で靴下やストッキングを履いて生活している方にとっては痛いかもしれませんので、マリンシューズ等を履いた方がいいかもしれません。

beach4

岩肌にぽっかり空いた穴がこれまたなんかいい感じ~♪穴をくぐり抜けて向こう側に行きたいと思ったけど、波が来た時のドッパ~ンって勢いが思いのほかすごかったのでやめときました。もっと潮が引いてる時ならいけるかも??

シュノーケリングができるわけじゃないし、かといってガシガシ泳ぐ感じでもないし、何かをしようと思ったらイケてないビーチなのですが、何もしようと思わなければなかなか素敵なビーチです!

人のほとんどいない白砂のビーチに寝転んだら、日ごろのストレスがすぅ~っと消えていきますよ~♪

The following two tabs change content below.

りょあ

99%の人にインドネシア人に見間違われる生粋の日本人。日本人観光客から「日本語お上手ですね」と褒められると、さすがに凹みます。。。 太陽が照りつける南国の海と、ネオン輝く夜の街が好きで、昼夜問わず神出鬼没に生息中。

コメントを残す