【2019年ギリ島の現在】絶対人気が出る島ギリ島の現在※お得なお知らせ付き!

ギリ島
The following two tabs change content below.

マキノさん

自給自足で暮らしたい!気ままな田舎娘でございます。モットーは”やればできる!”バリ島・レンボンガン島の自然や文化に興味があり、毎日ローカルにもまれながら刺激を受けています!

みなさんこんにちは。マキノさんです。

インドネシア穴場の楽園ギリ島。バリ島からスピードボートで1時間30分で行ける離島です♪

2018年にロンボク島地震があり、現在ギリ島がどうなっているのか気になるのに情報が少ない!ということで、今回2019年になって3度ギリ島に訪れたマキノさんが現在のギリ島情報を書いていきたいと思います♪

インドネシアに来たことがある方にもバリ島だけではなく、是非1度訪れてほしい島なのでご紹介したいと思います♪

↓あわせて読んでほしい記事↓

ギリ島

どんな島?

ギリ島
ギリ3島はロンボク島の一部です。3島なので3つの島があり、またそれぞれに通称〇〇と呼び名があります。
  • ギリ・トラワンガン島⇒パーティアイランド
  • ギリ・メノ島⇒ハネムーンアイランド
  • ギリ・アイル島⇒バッグパッカーアイランド
パーティアイランドといってもパリピがガヤガヤしてるという感じではなく、メインストリートを少し外れるととても静かです。ハネムーンアイランドは本当に何もなくて夜空と海がとても綺麗。バックパッカーアイランドは素朴な島でトラワンガンより静かでメノよりお店の数が多いので丁度中間です。

行き方

ギリ島
一番メジャーでおすすめの港はパダンバイ港です。その他にもサヌール港やスランガン港などからも船は出ていますが、乗船時間を考えると断然パダンバイ港から出発するのがおすすめです。
パダンバイ港からトラワンガンまで 乗船時間 約1時間30分
スランガン港からトラワンガンまで 乗船時間 約4時間

ボート料金の相場は2019年現在往復Rp 1,200,000(約1万円)です。交渉によっては値下げも可。

個人的におすすめのボート会社はエカジャヤです。

エカジャヤのルート

ギリ島
(行き)スランガン港⇒チュニンガン島⇒パダンバイ港⇒ギリトラワンガン⇒ギリメノ⇒ギリアイル⇒ロンボク本島バンサル

(帰り)ギリトラワンガン⇒ギリメノ⇒ギリアイル⇒ロンボク本島バンサル⇒パダンバイ港⇒チュニンガン島⇒スランガン港

大型船なので揺れにくいし、なんかワクワクするし、船内では映画が見れるし、水が流れるトイレがあるし、屋上に座ってビンタンが飲めるし…いいとこいっぱいです!

◆注意◆

  • パダンバイ港は南部主要エリアより車で約1時間30分かかります。ボート会社によっては無料もしくは追加料金にて送迎がつきますので事前に予約する際に英語もしくはインドネシア語での問い合わせが必要です。
  • ボート会社によってですが、ホテルまでの送迎ではなくエリアで集合・解散の場合はエリアから自分で歩いて帰るか、タクシーなどを拾って帰らなくてはいけないので大変です。
  • 手配していても手配が伝わっていない場合もあります。

結果、個人手配でギリ島へ行くには言葉・旅慣れ・問題が起きても対処できる力のある方におすすめします。

上記に自信がない方は確実にツアーに申し込んだ方が良いです。

既にギリ3島の内の1島にいて別のギリ島に行きたい場合

ギリ島
各島の港にチケットカウンターがありますのでこちらで聞いてみて下さい。

船の種類 料金 便数
ローカル船 1人RP.35’000(約300円) 朝・昼の2便
スピードボート 1人Rp.84’000(約800円) 1時間ごとに出発

私が聞いたローカル船のチケット売り場では15:30発の1便でした。船に関しては値下げ交渉可能かもしれませんが、スピードボートはこの金額が通常のようです。

震災の影響は?

ギリ島
2018年の7月にマグニチュード6.4の地震がありました。(震源地はロンボク島の北部)

その影響で観光客も激減した時期もありましたが、現在のギリ島はその面影をほとんど感じず、オフシーズンにも関わらず行きのボートはほぼ満席。オーストラリアの方やヨーロッパ、インドの方々を多く見かけました!
ギリ島
日本人はほとんど見かけません。

今ギリ島に行ったら日本で話題になれるかもしれませんね♪♪

お得なお知らせ

ギリ島
なななんと!以前からギリ島ツアーを催行しているバリ倶楽部2019年6月末まで限定で通常価格より最大$130(約1万4500円)もお得なキャンペーンを開催しています!!

ギリ島といえば…
  • 海ガメと泳げる
  • 自転車で島一周できる
  • フォトジェニックがいっぱい
などで有名な島。

  • ホテルまでの往復送迎
  • ボート手配
  • 日本語ガイド
  • シュノーケルセット&ボート
  • (ホテル)
等も含まれています!ギリ島でのホテル付プランもありますよ♪

詳細は【フライングキャンペーン】ギリ島宿泊シュノーケリング with タートル!!をご覧ください!!

まとめ

ギリ島
実際にギリトラワンガンに行って、メインストリートは建物も綺麗になっており、海も自転車で走っていると気持ちよく見渡せ、お洒落なレストランも出来ています。

ギリメノは相変わらずの静けさと海の綺麗さ、ギリアイルは素朴さとお洒落な建物が出来ていました。トラワンガンに比べるとメノとアイルは瓦礫や空き家が多く見受けられました。(震災の影響かは不明)

自然災害なので今後いつまた地震が起こるのか、日本にいてもインドネシアにいてもわかりませんが、日本よりは少ないと思います。

もし、ギリ島へ行く手段として個人で手配するのか、ツアーに申し込むか。それは上記に記載したように言葉・旅慣れ・問題が起きても対処できる力のある方は個人手配でもOK!自信がない方・面倒なことが嫌な人はツアーに申し込むです!!

是非インスタグラマーや旅玄人になりきった気分でギリ島に行っちゃいましょう♪

ではまた~!

The following two tabs change content below.

マキノさん

自給自足で暮らしたい!気ままな田舎娘でございます。モットーは”やればできる!”バリ島・レンボンガン島の自然や文化に興味があり、毎日ローカルにもまれながら刺激を受けています!
【ギリ島ツアーキャンペーン】先着2組様限定!ギリ島宿泊シュノーケリング with タートル!!

コメントを残す