【レンボンガン島お土産情報】セレクトショップ”HOLY CRAB”

DSC_2099
The following two tabs change content below.

マキノさん

自給自足で暮らしたい!気ままな田舎娘でございます。モットーは”やればできる!”バリ島・レンボンガン島の自然や文化に興味があり、毎日ローカルにもまれながら刺激を受けています!

皆さん、こんにちは~マキノさんです!

いやぁー毎日アホみたいに暑いですよ、レンボンガン島。雨季とはいえ今月初めに午前中だけダァーーっと雨が降った日以来、ピーカンの太陽テリテリな毎日です。日々暑さが増してます。

普段から日中ちょっと外に出ただけでも滝汗をかく私なんですが、こんなもんTシャツ何枚あっても足りひん!!洗濯してる暇あらへんわ!!!

新しいTシャツ欲しいなぁ~買うとしてもレンボンガン島オリジナルのお洒落なTシャツとかあったら即効で買うのになぁ~なんて思っていたら、、、ついに見つけちゃいました♪

そのTシャツを取り扱っているお店がこちらっ!!

HOLY CRAB

DSC_2096お店の外観。ちょうどマッシュルームビーチに向かう道沿いにあります!
DSC_2094白を基調とした壁に赤いカニさんマークが目印!!

位置情報



※マッシュルームビーチに程近い場所にあるのでバイク必須となります。

《関連記事》
【レンボンガン島情報】レンタルバイクの借り方・場所・相場
【2019年版・レンボンガン島注意事項】事前に知っておきたい!レンタルバイクのあるあるトラブル5選

取り扱い商品

DSC_2097ポストカード、玄関とか寝室とかトイレに置いてたら雰囲気お洒落に見えるペイントされた板、マグネット、木製の置き物。
DSC_2101DSC_2102帽子、ナップサック、エコバック、サングラス、アクセサリー数品、ビーチタオルにも使えそうな布、毛糸で出来た欧米人しか似合わないであろう水着、、、
DSC_2098DSC_2100トロピカルな柄がなんともビーチ映えしそうなシャツ、セレクトのレディース服。

レディース服に関してはサイズ展開があまりなく、やっぱりまだまだ欧米人の滞在者が多いからでしょうか?基本的にL~の物が多かったです。

メンズ服は主に柄シャツやTシャツ。Sサイズから展開されてました。

レディースもメンズも共に色んなブランド名の洋服が置かれています。言わばセレクトショップですね!値段もピンきりですが、TシャツはだいたいRp215,000(日本円で約1600円)~の物が多かったです。
DSC_2105サボテン柄のトップスもありました!可愛いぃ~。

水着の上からサラッと羽織れる薄手の物が多いので、海やプールで遊んだ後ビチョビチョのまま着てもすぐに乾きそうな、暑い夏場にはピッタリな洋服がたくさん揃っていました。

ちなみにサボテンは試着しただけで買ってません。←

久しぶりにショッピングに来たので何もかも可愛くて、気を抜けば破産しそうなぐらい買っちゃうところでした。危ない危ない。

まとめ

DSC_2142そんな私達はノリでお揃いのレンボンガン島Tシャツを購入♡

レンボンガン島のビーチ沿いにある小さい商店にもTシャツやタンクトップ、お土産商品って売ってるんですけど、やっぱちょっとダサいデザインが多かったり、パッとしない物が多いんですよね。

お土産にとかその時のノリで買った現地のダサいTシャツって最終的にパジャマとして活用されるオチやと思うんですけど、せっかく買ったのに普段着出来ないのってやっぱりもったいないと思うんです!!

でもここのTシャツなら私みたいな多汗症で替えが必要な方も、Tシャツがそもそも好きな方も、せっかくのお土産をパジャマにはされたくない、したくないって方にもお気に入りのTシャツを見つける事が出来るんじゃないかなと思います。
IMG_3419このお店に行くにはまずレンボンガン島に来るしか手はありません!!そう、ここでOJIボートの登場です!!!←毎度〆はここに至ります。

バリ島からたったの3~40分で着く美島、レンボンガン島。色とりどりのサンゴ礁とたくさんの魚達が皆さんのお越しをお待ちしています。

その目で見て体験、体感されたい方はぜひお問い合わせください!!

それでは、また~。

The following two tabs change content below.

マキノさん

自給自足で暮らしたい!気ままな田舎娘でございます。モットーは”やればできる!”バリ島・レンボンガン島の自然や文化に興味があり、毎日ローカルにもまれながら刺激を受けています!
【2019年:夏休み限定】ゆっくり出発のレンボンガン島ツアー・特別スケジュールのご案内

コメントを残す