【閲覧注意】バリ島は出会いの宝箱!僕がおすすめする女の子との出会い方、注意点

DSCN5940
The following two tabs change content below.

モモの助

酒癖の悪さと放浪癖が自慢の準アル中32歳。酒があればどこへでも旅立つロクデナシの類です。レンボンガン島を最も愛する日本男児!!

どうすれば女の子とお近付きになれるか!!



男性18歳未満、入口

18歳以下の貴方にはこのページは少し早いようです。海外デビューには保護者の理解が必要なので、とりあえずは国内での経験値を積みましょう!!10歳年上の女性を口説けるようになったら貴方は一人前です。若さを活かして頑張ってねー。

DSCN5934

男性18歳以上、入口

さてと…ここからが本番ですね。
始めに言いますが、出会いを求めるなら滞在エリアが重要です。
例えばヌサドゥア、ジンバラン、サヌールはおすすめできません。
クタ、レギャン、スミニャックは安定した出会い市場があります。
僕のおすすめはウブド!!!と、レンボンガン島(宣伝の為の下心あり)。

バリ島で男の子と出会いたい女子は、クラブ&バーでの出会いを妄想していますが、なんだか危なそう、ちょっと怖い、汗臭いとかで実際に出会いに繰り出す女子は少数なんですね。だからクラブ&バーに行ってもバリ素人の女子はおりません。バリ在住の玄人女子はバリニーズの男友達が多いので危険です。早い話、素人女子はクラブ&バーに行きたいけど自分達だけでは行けない訳だから、通りで声掛けて一緒に行けば良いのです

声の掛け方はいたって簡単

遠目からターゲットを見つけ、偶然を装い真正面から近付く。ちょっと距離を置いて相手と目が合ったら、ビックリした顔(重要)で紳士的な挨拶、ちょっと恥ずかしそうにできれば完璧です。

ポイントは、真正面からとビックリした顔ってとこですね。「こんなところで再会するなんてビックリ」「こんな好みの女の子と出会えるなんてビックリ」まぁ何でも良いけどビックリした顔しとけば相手も「なに?なに?」と思って足を止める率が上がり、アプローチとしては成功する訳です。

その後、行先とか暇かどうかを聞いてはいけません。「お忙しいところ恐縮ではございますが….」ぐらいの丁重な気持ちで、自分がしたいことを伝えましょう。質問では無く、提案するはい!!ここもポイントですよー!!面白いことを提案できれば女子は興味を示してくれます。

DSCN5936

追っかけスタイルは愚の骨頂

ナンパが成功しない理由はビビッている上にデリカシーが無く、非紳士的だからです。
1. 視野が狭くターゲットとすれ違うまで気付かない。
2. 準備が遅いのですれ違いざまに下心丸出しの顔をさらしてしまう。
3. 後から追っかけるかたちで声をかける。
4.「ねぇどこ行くの?いま暇?遊び行こうよ」と下品なことを言う。


DSCN5940
相手の気持ちになればバカでも分かりますが、下心丸出しの初対面の男に背後から行先とか暇だとかを尋ねられ「はい!!私たち暇なんです一緒に遊びに行きましょう」なんて振り向く女子がいたら美人局かタチの悪い●●●●です。
出会い成立まではオラオラな男らしさはいりません。重要なのはジェントルマンな態度と、冷静な頭と熱い股間です。

人数的な注意点とオススメ地区

単独の場合はウブドに滞在して一人歩きの不思議ちゃんとお近付きになるのが吉です。ウブドは旅人が多いので、聞き上手に徹して宿までの延長戦に持ち込みましょう。

2対2の出会いを求める場合はクタ~レギャン滞在がオススメです。ポイントは、声を掛けるときには女子2人に対して男1人でアプローチをかけること、人数的に相手を優位にすれば警戒心が薄くなるので成約率が上がります。相手の警戒心を和らげたタイミングでもう一人が現れれば完璧です。

DSCN59352対2で遊びに行くときには、あらかじめレンタルバイク2台と、プリペイド携帯を2台を用意して2件目or3件目に行く際にどちらか1組が「ちょっと遠回りして海を見てみよう」と場を外れれば万事OKです。

バリ島で女の子と仲良くなる際の注意点

調子に乗ってブイブイいってると必ず起こるバリニーズとのジェラシートラブル!!
女の子と出会いたいのは日本男児もバリニーズも一緒です。ここは外国、彼らの縄張りであることを忘れず目立たないようにアプローチをかけましょう。その点を考えるとナイトクラブは危険がいっぱいです。

DSCN5937

番外編、女性用、入口


DSCN5939


レンボンガン島での出会い

出会い系女子ニョン婆が目を付けたレンボンガン島。3月の卒業旅行シーズンはイケイケの若者が総出で押し寄せます。ここまで長々と語ってきましたが別にナンパなんかしなくても、島に渡るボートに乗って挨拶でも交わせば出会いは成立するのです。

レンボンガン島で楽しい時間を一緒に過ごしてから、バリ島での夕食を誘えばと~っても自然な流れで夜への道が開きます。
「ここまで読んでみたけど…」と、ネガティブになってしまったシャイボーイは手っ取り早くOJIボートを使いましょう!!



最後に….

ゴム帽子を忘れずに….

DSCN5938

では、また!!

○ 女性目線の記事はこちら:
バリ島で日本人サーファーと出会えるエリア

The following two tabs change content below.

モモの助

酒癖の悪さと放浪癖が自慢の準アル中32歳。酒があればどこへでも旅立つロクデナシの類です。レンボンガン島を最も愛する日本男児!!