レンボンガン島の行き方

レンボンガン島の行き方
The following two tabs change content below.

ニョン婆

バリ島に暮らしてX年目のシングル女子。レンボンガン島が大好きで月2ペースで上陸中!お気に入りの場所はワヤンさんのワルンとイエローブリッジ。一人遊び、旅、猫、イケメンが好き。【特技:3歩歩けば恋に落ちる】

久々のブログです。今更ですが、レンボンガン島の行き方について聞かれることが多いので、分かりやすく書いてみたいと思います。

バリ島とレンボンガン島の位置関係

レンボンガン島はバリ島の南東に浮かぶ小さな島で、バリ島からスピードボートで30分~40分で行くことができます。ボートが出るのはバリ島から陸でつながっているスランガン島のビーチと東海岸のサヌールビーチです。ボート会社によって出発するビーチ、時間、料金が異なります。OJIボートはスランガン島からの出発になります。


より大きな地図で レンボンガン島の行き方 を表示

レンボンガン島の他に2つの島がある

レンボンガン島の南にはチュニガン島、東にはヌサペニダ島があります。島の大きさは、ヌサペニダ島 > レンボンガン島 > チュニガン島の順番に大きいですが、リゾート化しているのはレンボンガン島 > チュニガン島 > ヌサペニダ島の順番です。

レンボンガン島とチュニガン島はバイク&徒歩専用の橋(通称イエローブリッジ)で繋がっていますが、ヌサペニダ島に行くにはレンボンガン島でボートをチャーターしないといけません。ヌサペニダ島が一番大きいのに一番発展していない大きな理由は、昔からバリの人々に「黒魔術の島」として恐れられていたからで、今も人々はヌサペニダ島に近付きたがりません。すごく興味深いですよね。

レンボンガン島の行き方


スピードボートで行く!(OJIボートで!)

料金:往復20ドル~50ドル

ひと昔前はシュノーケリングツアーやクルーズでしか行けなかったレンボンガン島ですが、今はスピードボートで行き自由に島内観光を楽しむ人が増えています。ボート会社によって出発するビーチ、出発時間、帰り時間、料金が異なります

日本人が運行しているボート会社はOJIボートだけですが、ローカル経営や外国人向けのボート会社は幾つもあります。その中でも大手なのが Rocky Fast CruisesScoot Cruise です。

シュノーケリングツアーやクルーズで行く

料金:会社により異なるが大体90ドル~

レンボンガン島は海の透明度がとても高く、はっきり言ってバリ島のそこら辺のビーチとは比になりません。多くのマリンスポーツ会社では日帰りのシュノーケリングツアーを催行している他、マンタやマンボウが高確率で見れるダイビングスポットでもあるためダイビングツアーも多いです。また、豪華なクルーズ船でレンボンガン島に行き専用ビーチクラブに滞在するクルージングもファミリーやカップルに人気です。

<おすすめシュノーケリングツアー>

○ レンボンガン島シュノーケリングツアー バリ倶楽部
○ マリンウォークで海を探検

<おすすめレンボンガン島クルーズ>

○ バリハイクルーズ
○ ボウンティクルーズ

レンボンガン島に泊まる人が増えている!

レンボンガン島の魅力は泊まってこそ分かります。日帰りで島に来る観光客が帰った後の静けさ、インド洋に沈むサンセット、海を見ながらひたすらゴロゴロ・・・良くも悪くも世界的なリゾートになったバリ島では味わえないのどかさがあります。

レンボガン島には1泊1部屋20ドルで泊まれるゲストハウスから、プール付きの豪華ヴィラまで選択肢が沢山あります。おすすめホテル情報はこちらでチェックして下さい!また、ホテル予約サイトの Agoda にもたくさん載っています。

The following two tabs change content below.

ニョン婆

バリ島に暮らしてX年目のシングル女子。レンボンガン島が大好きで月2ペースで上陸中!お気に入りの場所はワヤンさんのワルンとイエローブリッジ。一人遊び、旅、猫、イケメンが好き。【特技:3歩歩けば恋に落ちる】