チュニガン島にあるお洒落なビーチクラブ・Le Pirate

0907
The following two tabs change content below.

りょあ

99%の人にインドネシア人に見間違われる生粋の日本人。日本人観光客から「日本語お上手ですね」と褒められると、さすがに凹みます。。。 太陽が照りつける南国の海と、ネオン輝く夜の街が好きで、昼夜問わず神出鬼没に生息中。

チュニガン島にあるおしゃれビーチクラブ

色んな人のInstagramやFBで写真をよく見るLe Pirate Beach Club(ル・パイレーツ・ビーチ・クラブ)。行ってみたいと思いつつ行けてなかったのですが、やっと行くことができました~!

パイレーツビーチクラブがあるのはレンボンガン島のお隣のチュニガン島。
レンボンガン島とチュニガン島をつなぐイエローブリッジを渡ったら、そのまま海沿いに右手に行くとすぐに見えて来ます。



イメージとのギャップが(^^;)

pirate4

まず入口を入るとこんな感じ。

正直な感想は「ちっこい~!!」(笑)世の皆さま、写真撮るの上手すぎですって。InstagramやFBにある色々な写真を見て、もっと広々したところを想像していたので、ちょっとビックリ。

まぁでも人間とは不思議なもので(私が楽天的な性格のせいなのかもしれませんがw)、想像と現実のギャップはあっという間に埋まり、「これはこれでこじんまりとしてて居心地いいなぁ」って思えてくるんですねー。

それもこれも、センスが良いからだと思うんです。デザインや色使いや全体のバランスなど、とにかくいい~感じなんですよ。
もしかしてオーナーはあえて広くしないでこの狭さにしたんじゃなかろうか?もしこのデザインで広かったら逆にしっくりこないかも?最初に「狭っ!」とか言っちゃってごめんなさい、って最後には思ってしまいました(笑)

プール

pirate1
それでは敷地内を詳しくご説明~。

入って正面、海の目の前にあるのは流線型のプール。宿泊者ではない場合は、レストランまたはプールバーで15万ルピア以上オーダーするとこのプールを利用することができます。

コテージ

pirate3

入口から見て左手にあるのがコテージ。これまたかなり小さっ!いや、こじんまりという言葉にしておきましょう。

あいにく満室だったので部屋の中は見れませんでしたが、外観サイズから見て部屋の中はたぶんベッドだけでいっぱいじゃないかと。でもきっと部屋の中を見たらそれはそれで「うん、この狭さがちょうどいい」って思える感じに素敵にデザインされているんでしょうね。

レストラン

pirate5

入口から見て右手にあるのがレストラン。
う~ん、海が目の前で気持ちいい~!そりゃービンタンもウマい!
思ったのも束の間。昼の炎天下では暑すぎました・・・。

pirate2

ということで、屋根のある席へ移動。皆さんこっちにいましたね。そりゃそーだ(笑)

今回は飲み物しか飲みませんでしたが、食べ物はパスタ、バーガー系、ナシゴレン、シーフードなどバランスよく色々なメニューがありました。周りの人が食べているものを見てみると、オシャレなプレートにオシャレに盛り付けてあって、どれもこれもとっても美味しそうでした。

パスタ、サラダ、ビール1本を頼むと10万ルピア〜15万ルピアくらいの料金設定なので、そう考えると15万ルピア以上オーダーでプール利用可っていうのはお得ですね。お昼目安にここへ来て、ランチしがてらプールでまったりっていうのがいいかも~♪

詳細情報

名前: Le Pirate Beach Club
電話番号: +62361 487 240, +62851 0041 6833
HP: http://lepirate.com
予約方法: 各予約サイトまたは直接

The following two tabs change content below.

りょあ

99%の人にインドネシア人に見間違われる生粋の日本人。日本人観光客から「日本語お上手ですね」と褒められると、さすがに凹みます。。。 太陽が照りつける南国の海と、ネオン輝く夜の街が好きで、昼夜問わず神出鬼没に生息中。

コメントを残す