チュニガン島のおすすめスポット。絶景・サーフィン・ジャンプ台が揃ったMahana Point Warung & Bar

mahana
The following two tabs change content below.

りょあ

99%の人にインドネシア人に見間違われる生粋の日本人。日本人観光客から「日本語お上手ですね」と褒められると、さすがに凹みます。。。 太陽が照りつける南国の海と、ネオン輝く夜の街が好きで、昼夜問わず神出鬼没に生息中。

チュニガン島にある絶景ポイント

それでは場所の説明から。
まずは、船着き場のあるジュングバトゥ村から、レンボンガン島とチュニガン島を結ぶイエローブリッジを目指して西方向へレッツゴー!!イエローブリッジまでのルートについては、レンボンガン島→チュニガン島への行き方への記事をご覧ください。

イエローブリッジを渡ってチュニガン島へ入ったら、とにかく右の方へ右の方へ。海を右手に見ながらチュニガン島の西端を目指します。途中から道が内陸部に入り・・・、えっと~説明が難しいので、グーグル先生~!!



途中からガタガタ砂利道になってきますので、バイクの運転をくれぐれもご注意を~!

Mahana Point Warung & Bar

お店の名前はMahana Point Warung & Bar(マハナポイント ワルン&バー)です。お店の手前の道はまだ整備されていないので、かなりわかりづらい場所にあるのが残念。。。

mahana01

レストランの建っている場所が分かりやすいように、対面にあるビーチから望遠で撮影してみました。こんな感じで海に突き出した崖の上にあるレストランです。

オレンジ色の屋根の建物が見えますが、その向こう側がレストランの入り口になります。

mahana02

入口から入るとこんな感じです。この階段を下りて行くと、さっきの写真の崖の先端になります。

mahana03

広~い青~い海を見ながらドリンクを一杯。プッハ~!!はい、ドリンクというのはもちろんビンタンビールです(笑)

と、気持ちいいのはいいんですが、大きな波が来ると、レストランの壁に波がドーンとぶつかって水しぶきがドッパーンと来ます。防水ではない携帯やカメラは要注意です。撮影に夢中になっていると、足元の方に波がドーンと来ているのに気づかずに、カメラや携帯が思いっきり水に濡れちゃいますので。

スリル満点のジャンプ台

mahana04

レストランには2カ所のこんな場所が。プールの高飛び込み台みたいなこれ。

そうです、見たまんま、高飛び込み台です。Jumpimg pointまたはCliff jumpingと呼ばれています。高さ約10メートルのところから海へジャ~ンプ!!

高所大好きな私にはヨダレもののこの場所!下を見れば透き通った綺麗な水!飛び込みたい衝動MAX!!

なんですがー。。。、

mahana05

この押し寄せる波があぁぁ!

ジャンプした後、すぐに右側に旋回して回り込めば、レストランに戻れる階段があるんですが、波のパワーに押されて崖に打ち付けられたら怖い~!!もし崖に打ち付けられなくても、波のパワーに持って行かれたら対面のビーチに流れ着くしかないし。。。う~ん、どっちも嫌だ!ということで、ジャンプは波が穏やかな別の機会に持ち越し~。

マハナポイントはサーフポイントでもあります


mahana06

ここ、サーフィンもできるんですよ。この日はショルダーがはった良い波が立ってました。波が厚めでパワーがすごそうですけどねー。この日はサーファーがいませんでしたが、よく白人サーファー達がサーフィンをしています。サーフィンの後はもちろん崖からジャンプ!スリル大好きなアドレナリンジャンキーの人にとっては最高の場所かも!?

The following two tabs change content below.

りょあ

99%の人にインドネシア人に見間違われる生粋の日本人。日本人観光客から「日本語お上手ですね」と褒められると、さすがに凹みます。。。 太陽が照りつける南国の海と、ネオン輝く夜の街が好きで、昼夜問わず神出鬼没に生息中。