レンボンガン島で遊ぶならバイクが必須!!

biketop
The following two tabs change content below.

ぱーてぃ

バリ‣レンボンガンが好きすぎて最近こっちに引っ越してきました。 関西出身パーティー大好きアラサー女子です。

こんにちは。ぱーてぃです。

交通手段がない?!


南国の楽園、レンボンガン島ですが唯一不便なことは…交通手段がない!!!
たしかに観光用トラックも走っていますが、観光用トラックは主にツアー客を運ぶだけなので普通のタクシーのようにそこらへんに走っていている訳ではないんですよね…。

目的地まで連れて行ってもらうことはできますが、運転手さんは英語も日本語も話せないことが多いので途中で寄り道したりすることが難しく自由度が少ないです。それに料金も思っているほど安くない。

DSCF1911

そこで安くて自由度100%の交通手段はバイクか自転車です。ぱーてぃがおすすめするのは断然バイクです。自転車もいいと思いますがあの炎天下を自転車で観光するとなると、並大抵の体力では持ちません。特にドリームビーチやチュニガン島に行きたい人は途中に心臓破りの坂道があるので絶対にバイクが必要です。

運転は簡単。原付と同じ


ほとんどのバイクはギア無しのスクーターなので、原付バイクが乗れれば運転することは可能です。日本でバイクを運転したことがある人は特に問題はないと思いますよ。

免許証はいらない


toceningan

バイクといえば免許証が必要なのですが、レンボンガン島でバイクを借りるときに免許証は必要ありません。警察がいないことはないですが、取締がないそうです。取締があれば島の大半の人が捕まりますね。みんな免許証もってないから(笑)。ちなみにヘルメットも必要ないです。そして保険もないですが…

注意点

バイクを借りて運転することは簡単なのですが、色々と注意しないといけないことがあります。

まず道が相当悪いです。舗装されていたであろう道路のアスファルトがなくなって砂利道・砂道になっています。滑りやすいしこけやすい!最新の注意を払って運転しないと危ないです。

あとは先ほども書きましたがレンタルバイクには保険がついていません。怪我をしたりバイクを故障させてしまうと実費負担になります。海外旅行保険に入ることを強くおすすめします。でもバイクの運転は免責事項に含まれていることが多いのでそちらも注意してください。

それにレンボンガン島にも病院はありますが、診療所程度で骨折などの大きな怪我は対応不可です。バリ島に強制送還されます。なのでやっぱり怪我はしないように十分注意してください!

どないしたらええんや!

DSC_0187
バイクを運転したことがない。運転するのは怖い。でもレンボンガン島を楽しみたい。という人はやっぱりどこかしらのツアーに参加するのがいいと思います。おすすめはOJIボートを主催しているバリ倶楽部。バリ倶楽部は日本語専門でレンボンガン島のことをよく知っている会社なので相談すれば色々とアドバイスしてくれると思いますよ。

バリ倶楽部おすすめツアー

The following two tabs change content below.

ぱーてぃ

バリ‣レンボンガンが好きすぎて最近こっちに引っ越してきました。 関西出身パーティー大好きアラサー女子です。