レンボンガン島&ペニダ島のシュノーケルポイントその3~マンタポイント~

top
The following two tabs change content below.

ぱーてぃ

バリ‣レンボンガンが好きすぎて最近こっちに引っ越してきました。 関西出身パーティー大好きアラサー女子です。

こんにちは。ぱーてぃです。
前回・前々回に引き続き今回もシュノーケルポイントのご紹介!!

今までに記事はこちら



マンタポイント

mantapoint

マンタといえば、よくダイバーさんと写っている写真が思い浮かびませんか。だから、マンタを見るにはダイビングでないと見れないんじゃないかと思っていませんか。

そんなことはありません!レンボンガン島(正式にはペニダ島)のマンタポイントではシュノーケルでマンタを見ることが出来るのです!!いちいちタンクを背負って潜らなくてもマンタが見れるのです!!マスクとシュノーケルとフィンだけで(あと、ライフジャケット)!

マンタとは

mantapoint2
ちなみにみなさんマンタって何かご存じですか?ぱーてぃは「エイに似たなんか。」という、なんとも曖昧なことしか知らなかったんですが、調べてみるとマンタはエイの仲間でした。

正式名称はオニイトマキエイで、トビエイ目トビエイ科に属する世界最大のエイなんやって。へぇ~。

海の中の様子

mantapointo3
マンタ以外は特に何も見れません。

でもでも!マンタを見れたときの感動はすごいですよ!シュノーケルを咥えている口をあけたら水が入ってくるってわかっていても、口をあけて叫びたくなるくらい感動します。すごく優雅に泳いでいる姿は一度見たら忘れられません

といっても、マンタは自然の生き物なので常に見れるわけではないです。その日のコンディションによって見れる日と見れない日があるそうです。シュノーケルでマンタを見るには乾季の時期が良いと言われています。雨季でも見れる日もあるそうですが、運次第です。ちなみにぱーてぃは乾季に2回マンタを見に行きました。1回目は見れたのですが、2回目はまったく姿を現してくれず…

場所はだいたいこのへん


ペニダ島には2か所マンタが現れるポイントがあります。1つを『マンタポイント』、もう1つが『シークレットマンタ』

注意点

マンタはシュノーケルでも見れるとはいいますが、実はシュノーケル初心者さんにはおすすめしません。というのも、マンタが見れる日は波が高い日が多いからです。実際ぱーてぃが行った日もどちらも波は高かったです。船もだいぶ揺れるので船が苦手な人は酔い止め必須です。

あともうひとつ。水温が冷たい!尋常じゃないくらい冷たい!ウエットスーツがあれば必ず着たほうがいいです。

マンタポイントへの行き方

自力では無理です。(笑)シュノーケルツアーを実施している会社で申し込むましょう。

・レンボンガン島のビーチ周辺のアクティビティ会社で申し込む
・バリ倶楽部のツアーで申し込む
※バリ倶楽部の場合、マンタポイントはオーダーメイドとなりますので、直接問い合わせしてみてください。⇒バリ倶楽部問い合わせ

マンタと泳げる場所なんて多くないはずですので、バリ島レンボンガン島に来たら是非マンタを見に行きましょう♪

The following two tabs change content below.

ぱーてぃ

バリ‣レンボンガンが好きすぎて最近こっちに引っ越してきました。 関西出身パーティー大好きアラサー女子です。

コメントを残す