レンボンガン島のサーフポイント

The following two tabs change content below.

モモの助

酒癖の悪さと放浪癖が自慢の準アル中32歳。酒があればどこへでも旅立つロクデナシの類です。レンボンガン島を最も愛する日本男児!!



レンボンガン島と言えばモリモリ元気なサンゴ礁と極上の波!!

でも、どこのWEBサイトを見てもポイントの情報が少なくてイメージがわかないなぁ~….まぁポイント自体が少ないから仕方ないですね。一つ言い切れるのはレンボンガン島の波は最高です!!僕も長年サーフィンをやっているので、ちょっと熱っぽいトークになりますよ!!


レンボンガン島、ポイントの特徴



全ポイントがアウターリーフ、パワフルで早いブレイクが中心です。風がバリ本島と少し違うけど、5月~11月ぐらいが安定してます。 朝夕のミドル~ハイタイドが決まりやすく、干潮時は波乗り不可!!事前に潮回りを調べ滞在時間を考えた方が良いですよ。
サヌール発着で催行されるサーフツアーもありますが、レンボンガン島で波乗りするなら島に滞在するのが絶対にオススメ!!各ポイント、外国人サーファーが多く、日中はビギナーが加わりポイントパニックになることも….日本とは多少ルールが違うので落ち着いて波を追ってくださいね。潮回りによっては速いカレントが発生するので初心者の方は絶対にガイドを付けてください。ハイタイドに向けて急激にサイズアップする事もあるので気を付けてください。


シップレック  ★★★★★

1番人気のポイント。ウネリの反応が良く、頭半ぐらいまでは気合いだけで突っ込めますが、それ以上は度胸と根性が必要です。バレル、リップが楽しめる最高の波、見た目より長く乗れます。
ジュングッバトゥ村の安宿街から15分でパドルアウト出来ますが、ポイントまでボートでのエントリーも可能。直接交渉で相場は往復100000ルピア(千円)ぐらいボートを使う時も目の前のビーチからの方が交渉が楽です。波はレギュラーオンリー

レサレーション ★★★★☆

ジュングッバトゥ村の船着き場周辺にあるポイント。レギュラーオンリーのポイントブレイク。シップレックと同じで頭半ぐらいになると気合いが必要です。小さければビギナーでも波乗り出来ます。パドルアウトするには距離があるのでジュングッバトゥビーチからボートを利用しましょう。こちらも相場は往復100000ルピア(千円)ぐらい。

プレイグランド ★★★☆☆

グーフィーメインですがちょろっとレギュラーもあるレンボンガン島周辺で1番優しいブレイク。どちらも短くグーフィーに乗っても2発ぐらいです。レギュラーはトロいので中級者以上には物足りないブレイク。ビギナーの方にオススメ。ソンランブンビーチからパドルアウト出来ます。

チュニガンリーフ ★★★☆☆

以前はシークレットとされていたポイント、レンボンガン島からバイクでチュニガン島に渡り15分ぐらい走ればポイントの目の前まで行けます。崖から飛び降りてエントリー出来るので挑戦してみてくださいね。ロケーションが良いですよ。グーフィーがメインブレイク!!

大体こんな感じですね。
レンボンガン島に往復US$20で行けるOJIボートは、サーフボードの持ち込みも大丈夫!
サーフィンの後は浜辺のワルンで一杯やってください。

The following two tabs change content below.

モモの助

酒癖の悪さと放浪癖が自慢の準アル中32歳。酒があればどこへでも旅立つロクデナシの類です。レンボンガン島を最も愛する日本男児!!

コメントを残す