【レンボンガン島ワルン情報】Warung PANCER

IMG_0957
The following two tabs change content below.

ピクルス

コッテコテの関西弁はどこに行っても抜けません。関西出身、食べてるときと飲んでるときと寝てるときが一番幸せ。嫌いなものは二日酔い。 バリ島で販売されてる輸入ワインもうちょっと安くなれへんかなぁ~って考えながら日々過ごしてます。

どうもー、ピクルスです!

今回はレンボンガン島に行くと実家帰る感じで高頻度で行っちゃうアットホーム、且つ美味しいシーフードが食べれるワルンのご紹介です。

もう本間に個人的に応援したい、もっともっと繁盛して欲しいって言う思いを込めた記事なんですがお付き合い頂ければと思います(笑)

Warung PANCER

39467323_1670007449795498_8683322737386586112_nWarung PANCER!!

今やレンボンガン島のワルンに無くてはならない、店先でシーフードをぎゃんぎゃんグリルして提供するスタイルのお店。

嫌っちゅーほど魚がいるレンボンガン島の海。もともとこういうスタイルのお店はありましたが、ここ1~2年で特にこのスタイルのお店が増えた気がします。

夜になるとどこからともなく炉端焼きの香ばしい匂いが、、、よだれ。←

位置情報



Ojiボート発着場所のジュングッバトゥビーチからバイクで約5~6分。徒歩だと約20分ぐらい。飲み過ぎベロベロになるの確実な方はそもそもバイクは危険なので歩いて下さいね。(笑)

私は夜しか行った事ないですが”Open for Breakfast, Lunch, Dinner”なのでとりあえず朝からやってるっぽいです。何時から何時までやってるのかは確認不足!!すいません!!!(笑)

早速注文!

39605632_1670007486462161_1064637893491818496_nお店の入り口横に色んな種類の魚たちと炉端がスタンバイ。

こちらのWarung PANCERは家族経営でされてます。写真右は大黒柱のお父さん、左は現在2人目を妊娠中の看板娘の旦那さん。最近この旦那さんの肉体改造がすごくて、上半身ゴリゴリです(笑)
IMG_0955肝心なメニューの写真を撮るの忘れたんですが稀に時価のお魚、ロブスターなどがあるのでその場合は直接いくらなのか聞いて下さいね!

その時の気分で店先に置かれた魚介類から自分でチョイスするのもオッケー!!優しい笑顔が印象的なお父さんがその場で捌いてくれて炉端焼きスタート!!!IMG_0956ひゅーー美味そうぅーー!!!よだれ。

こういう炉端、BBQ、グリル料理とか大好きなんですよねぇ。なんかテンション上がりません?たいがい焼き上がるまでにビール2杯目行っちゃうやつです(笑)

食べ応え抜群!

39602942_1670007533128823_6327846763977768960_nメインとなるグリル料理+ご飯+焼き野菜、横にはサンバル。これがスタンダードですかね。魚本来の味を楽しみたい方、サンバルで辛味を足したい方にオススメ!
IMG_4382こちらは魚自体にタレをかけてグリルし、味付けされた焼き野菜を上からぶっかけられたスタイル。ちょっと甘めですが、味が濃いのでご飯やビールが進みます!!
39760618_1670007559795487_2937246787053813760_nこの通り、お酒が進んじゃう!!幸せっ♡♡
39726258_1670007633128813_5687692875035312128_nワイルドにかぶりつくも良し!!昔から魚とか骨付きチキンとか隅まで残さず綺麗に食べるタイプです。貧乏性(笑)

まとめ

IMG_2900肝心なお値段ですがチキンだと結構お手頃でRp35,000~、魚介類になるとRp50,000~時価だったと思います。その他ナシゴレン、ミーゴレン、カレーと魚介類が苦手な方も立ち寄れるお店です。

後、このお店ではバリ島のお酒”アラック”も飲めちゃいます!!日によって品切れの場合もあるので要確認

お店によってグリルする際の味付けが違ったり、添えられてる野菜が違ったり、サンバルの味も全く違ったり同じ炉端スタイルのお店でも全然違うので色々食べ比べてみると面白いです!

レンボンガン島に来たらぜひシーフードも食べてみて下さい!!日本では見ない魚や貝を食べることが出来ますよ♪

もちろんレンボンガン島に来る際はOjiボートのご利用をオススメします!!

では、また~

The following two tabs change content below.

ピクルス

コッテコテの関西弁はどこに行っても抜けません。関西出身、食べてるときと飲んでるときと寝てるときが一番幸せ。嫌いなものは二日酔い。 バリ島で販売されてる輸入ワインもうちょっと安くなれへんかなぁ~って考えながら日々過ごしてます。
【学割2020】25歳以下ならレンボンガン島・ペニダ島ツアーが20%OFFキャンペーン

コメントを残す