レンボンガン島 ー雨季の魅力ー

P3070038
The following two tabs change content below.

アブー

海のない県から、今年バリ島に上陸!自然、文化、景色、植物、食べ物、人といった多くの魅力がバリ島に。これから、いろんなものに見て、触れて、伝えていこうと思います。

こんにちは、アブーです。
バリの季節といえば、乾季と雨季です。今、バリは雨季です!日本からバリの天気予報を見ると…、1週間ずっと雨なんてことが多いですよね。それだけで、「雨ばっかりか…」、「雨だったら嫌だ、行きたくない。」という声をよく聞きます。

ちょっとまったー!!そんなことはありません!今回は、もうすぐ終わってしまいますが、雨季の魅力を紹介します。

インドネシアの季節

乾季と雨季の二つです。期間の区切りは、4月~10月【乾季】、11月~3月【雨季】が目安になっています。9月、10月は雨季に移行し始め、蒸し暑くなります。さらに雨季のピークは、1~2月と言われています。

乾季

乾季は、カラッとした暑さでベタベタはしていません。日中の気温は、高いですが日本のように急激に上がることはないです。
そして、夜に向かうにつれ、涼しくなります。お客さんからは、「日本の夏より快適」と言われるほどです。

雨季

雨季は、雨が降りますが1日の長雨が毎日なわけではなく、スコールのような雨もあります。
雨上がりに辺りが湿り、晴れた時の澄んだ空気感が好きです。植物たちも心なしか嬉しそうです。

レンボンガン島の乾季・雨季

乾季


日差しが、バリ本島よりも強く感じます。日焼けがしたくないという方は、「日焼け止め」が必須です!!でも、逆を言えば、焼きたい人にはもってこいなので、こんがり焼いてしまいましょう。
でも不思議なのは、暑いですが過ごしやすいということです。湿度を感じないせいか…なんでしょう。

雨季

乾季同様に、日差しは強く、黒くなりたい方には、もってこいです!!
焼きたい若者ー集え!!今がお得。
△そんな時は、まだ間に合うこちらのツアーがおすすめですよ。【学割レンボンガン島マングローブ&シュノーケル】

っと、宣伝はさておき、雨季は雨が降るため、空気感が変わります。周りの景色も…。変わらず、楽しめます。
あとは、シュノーケリング時の海の透明度。雨が降ったからと言って、透明度が変わらないからびっくりです!!雨季 海クマノミがこちらを見ています。(笑)

雨季の魅力

雨が降ることで、乾季にじっとしていた植物たちが目を覚まして、グッと葉をつけ、雨の恵みをキャッチしようと生い茂ります。その風景は、まさにジャングル。道マングローブの村へ向かう道の一コマ。乾季にはない風景

マングローブの村に向かう道は、両脇からも覆いかぶさるように木々たちがをつけて、迫力もあります。また、島を彩る花も色濃くなっています。この表情は、最大の「雨季の魅力」だとアブーは思います。雨季の花雨の露が光り雨季の花2花もグッと開きますホウガンヒルギの花ホウガンヒルギの花 時期には、独特の香りが広がりますアカバナヒルギアカバナヒルギの花 たこさんウインナーを連想(笑)

マングローブを見ても、生き生きしているのはもちろんですが、葉が色濃く。さらには、繁殖の大切な種(赤ちゃん)をたくさん実らせる時期も雨季にもあるため、景色が一層映えます。レンボンガン島,マングローブどっしりとレンボンガン島,マングローブ生命力を感じますマングローブ種双子の赤ちゃん雨季のツアー急な雨も大丈夫!相合傘でニッコリ

まとめ

今回、雨季のレンボンガン島の魅力を見ました。振り返ると…、

乾季には乾季の、雨季には雨季の【それぞれの魅力】がありました。だからこそ、レンボンガン島は「魅惑の島」といわれるのかと気づいたアブーです。

ってことは、季節ごとに来るのがいい!ってことです。(笑) まずは行ってみましょうレンボンガン島へ。レンボンガン島
▽気になるレンボンガン島ツアーはこちら

レンボンガン島 マングローブ & シュノーケル
レンボンガン島シュノーケル & ドリームビーチ
レンボンガン島パドルボード & シュノーケル
レンボンガン島 & ペニダ島シュノーケリング

一度体験したら、また来たくなります。ではー

The following two tabs change content below.

アブー

海のない県から、今年バリ島に上陸!自然、文化、景色、植物、食べ物、人といった多くの魅力がバリ島に。これから、いろんなものに見て、触れて、伝えていこうと思います。

コメントを残す